製品紹介

ブランドストーリー

HOW ABOUT La CASTA ラ・カスタとは

ラ・カスタの真髄は香りの質と高いクオリティ
オーガニック植物と精油があなたを変えます

オーガニック植物

情報のデジタル化が急速に広まり、社会全体が目まぐるしくストレスフルに変貌し始めた1986年、私たちはヨーロッパで生まれた植物療法「アロマテラピー」に出会います。その基本となる植物の精油(=エッセンシャルオイル)は、美容や健康に働きかける多くの可能性を秘め、古くから人々の生活に取り入れられてきたもの。「からだ本来の力を高めながら、心を癒し、バランスも整える」という精油の力を知るほどに、もっと美と健康に役立てたいという想いのもと研究を重ね、1996年、日本でいち早く精油を取り入れた上質のナチュラルヒーリング化粧品として、ラ・カスタは誕生したのです。

メーカーとしての豊富な経験と実績だけでなく、より健やかでいきいきとした美しいあなたに変えるために、有効なハーブやオーガニック植物の自然の恵みを、あますところなくお届けします。
初めてラ・カスタと出会った方が感動してくださる香りの質と心地よい使用感、そして高いクオリティ。これこそがラ・カスタの真髄です。

<ラ・カスタのマークは発芽がモチーフ>

イタリア語で「純潔な女性」を意味するラ・カスタ。 マークはみずみずしい植物の
発芽をモチーフに生まれました。自然の生命力あふれるエネルギーを表現しています。

SYMBOL FLOWER シンボルフラワー

シンボルフラワーは「エキナセア」
自社農園で無農薬栽培し、製品に配合しています

エキナセア

パッケージにデザインされたエキナセアは、ラ・カスタのブランドコンセプト「植物の生命力と癒し」を象徴するシンボルフラワー。“深い愛” “やさしい癒し”を花言葉にもち、古来より免疫力を高めて体力向上に役立つメディカルハーブとしても知られています。
愛らしい赤紫や白色の花は、太陽が明るく輝く7月に咲きます。天に向かってまっすぐに伸びるその凜とした姿は、私たちの疲れた心を癒し、力強い意欲と活力を与え、まさにラ・カスタを象徴する花にふさわしいハーブといえます。 ラ・カスタでは、自社農園で農薬を使用せず栽培されたエキナセアから抽出したエキスを、一部のオイル類を除くすべての製品に配合しています。

エキナセアの他にも、ラ・カスタ製品に使用されている原料はオーガニック植物成分はじめ、安心・安全な品質と製造にこだわってつくられたものを採用。また、可能な限り環境保護にも配慮しながら、髪や肌へと送り届け、生命力あふれる美しさを引き出します。

【エキナセア】Echinacea purpurea
北米大陸原産のキク科の多年草。別名「ムラサキバレンギク」。夏期に紫紅や乳白色の花が咲き、開ききると花弁が垂れさがって傘型になります。

エキナセア農地

MADE IN JAPAN メイド・イン・ジャパン

日本女性の髪も肌も心も熟知した
日本生まれのナチュラルヒーリング化粧品です

ヒーリング ガーデン

ラ・カスタは、日本女性のために開発された日本生まれのブランドです。欧米女性と比べ水分量が少なくパサつきがちな傷みやすい髪質、キメが細かく敏感な肌質など、日本女性の髪や肌の特質と長い年月をかけてじっくりと向き合い、その結果をふまえて良質な植物成分をバランスよく配合し、品質やテクスチャーの開発を進めています。

また、日本にはお香やユズ湯など古くから伝わる香りの文化があり、香りを楽しみ香りに癒される生活が身近であることにも着目して、日本女性に好まれる香調を独自にブレンド。毎日のケアが“気持ちよく格別な時間”となるよう配慮しています。
これは日本の気候風土の中で、日本人の体質や好みを熟知し、研究を重ねてきた国産ブランドだからこそできることです。

花

NATURAL MINERAL WATER 北アルプス天然水使用

製品に使われる水は、まろやかな北アルプスの天然水
日本が誇る良質な水を、髪と素肌に

滝

私たちのからだの約70%以上を占める水は、化粧品では製品のベースであり、その品質を左右するもの。つまり、美しさの鍵を握っているといっても過言ではありません。だからこそ、ラ・カスタは理想の水を探し求め、清らかな北アルプスの天然水に出会いました。

日本人に親しまれ愛されるこのまろやかな軟水は、長い年月をかけて地層深く浸透し濾過され、地下100mの水脈となって流れる清らかな雪解け水。肌なじみがよく、からだに必要なミネラルをバランスよく含んでいます。ラ・カスタ製品に使う水は、この天然水を使用しています。

天然水

製品のこだわり