製品紹介

3%→15%ポイントアップキャンペーン

化粧品の基礎知識

化粧品とは

化粧品には、ヘアケア、スキンケア、ボディケアなど、様々な目的と効果があり、私たちの生活に欠かせないものとなっています。薬事法では、「化粧品」と「医薬部外品」に分類されます。

分類 化粧品 医薬部外品
説明 人の身体を美化し、皮膚もしくは毛髪を健やかに保つことを目的とし、身体に対する作用が緩和なもの。 身体に対する作用が緩和なもので、肌トラブルの防止などに用いられる。美白化粧品、ニキビ用化粧品、薬用浴剤、薬用石鹸、育毛剤等がある。
使用目的 身体の美化 肌トラブルなどの防止
使用頻度 常用 常用
身体への作用 緩和 緩和
成分表示 全成分表示 表示指定成分

全成分表示とは

2001年4月から義務化され、化粧品に含まれている全ての配合成分を容器または外箱などに表示することをいいます。これにより、お客様が製品を購入する際に、アレルギー反応などを起こした成分が配合されている製品を避けることができるようになりました。また、使用後にお肌のトラブルが起きた時も、その原因を皮膚科医が判断しやすくなるなどのメリットがあります。

表示指定成分とは

化粧品原料のうち、まれに、かゆみやアレルギー等が起きる可能性がある成分を昭和40年代に厚労省が定めた経緯があります。
これを「表示指定成分」といい、合成着色料や合成香料・防腐剤のほか、およそ100種類ほどの成分が指定されました。
現在では、「全成分表示」に切り替わりましたので、それにともない「表示指定成分」という用語や概念はなくなっています。

無添加化粧品とは

今でも、「無添加化粧品」という言葉がたまに見受けられますが、そもそも、何も添加しない化粧品は製造が不可能ですし、そのような製品はありえません。これは、上記の「表示指定成分」を添加していないという意味で使われ始めただけなのです。
化粧品に「全成分表示」が義務化された現在、「無添加」とは何の成分を添加していないのか、ハッキリ言わねばなりません。
例えば、「合成色素無添加」とか「パラベン無添加」など、添加(配合)していない成分を明記する必要があります。
しかしながら、○○○成分無添加というと、あたかも○○○成分は「肌によくない」というイメージが先行しがちですが、これらのイメージに惑わされることなく、お客様にとって避けるべき成分は何かを全成分表示をみて判断することが大切といえましょう。

化粧品の構成と役割

ここではシャンプーを例に構成と役割をご紹介致します。

成分 役割
化粧品のベース成分
油性原料 化粧品のベース成分
界面活性剤

本来混ざり合わない「水」と「油」を混ぜ合わせるものを界面活性剤といいます。
また、その性質により汚れを除去するものはシャンプーに、クリーム状になるものはトリートメントやスキンケア化粧品に使用されます。

シャンプーに使用される界面活性剤(洗浄剤ともいわれる)

高級アルコール系

洗浄力と泡立ちが優れている。

成分例:ラウリルエーテル硫酸塩、ラウレス硫酸TEA

アミノ酸系

皮膚や毛髪に対する刺激性が低く、マイルドな洗浄力を持つ。

成分例:ココイルグルタミン酸TEA、ココイルアラニンTEA、ココイルサルコシンTEA

石鹸系

きめ細かい泡立ちで、さっぱりとした洗髪感が特徴。

成分例:トリセデス-3酢酸Na、ヤシ脂肪酸TEA

両性

やさしい洗浄力で、髪や頭皮には刺激性が低い。

成分例:ココアンホ酢酸Na、ラウラミノプロビオン酸Na

コンディショニング
成分

毛髪の手触りや櫛通りなどをよくする。

成分例:ホホバ油、スクワラン、ジメチコン

特長成分

各商品のコンセプトに応じて添加される成分。

成分例:加水分解ケラチンなどのPPT成分、ハーブエキスなどの植物エキス

着色剤

製品を着色するために添加される。

成分例:クチナシ青、などの植物性色素、赤色1号などのタール系色素

防腐剤

細菌、カビなどの繁殖を抑え、製品の変質や腐敗を防ぐために添加される。

成分例:パラベン、フェノキシエタノール

香料

細菌、カビなどの繁殖を抑え、製品の変質や腐敗を防ぐために添加される。

その他の助成分
抗酸化剤

細菌、カビなどの繁殖を抑え、製品の変質や腐敗を防ぐために添加される。

成分例:パラベン、フェノキシエタノール

紫外線吸収剤

紫外線から皮膚や毛髪、そして化粧品自体を守るために添加される。

成分例:ジメチルPABAオクチル

パール化剤

パールのような光沢状の外観を付与するために配合される。

成分例:ジステアリン酸グリコール

オーガニック植物原料とは

オーガニックとは、化学肥料や化学合成農薬を最低3年以上、無使用の土壌で栽培されたハーブなどの植物の花や樹木、果実などから抽出される天然植物成分のことをいいます。 産地から加工製造工程などの各段階で、厳しく細かな基準が定められています。

ヘアケアの基礎知識