製品紹介

3%→15%ポイントアップキャンペーン

エッセンシャルオイルの基礎知識

ハーブ(薬草・香草)や樹木・天然果実などから抽出した天然100%の香りの成分のことで精油とも呼ばれ、貴重な植物の生命力が凝縮されています。精油には様々な特性があり、豊かな芳香や薬効があることで知られています。
植物から抽出される精油の量はごくわずかでたいへん高価なものです。たとえば、最も高価とされるローズの場合は精油1滴をとるのに、約30〜50本分のバラの花びらが必要とされます。

エッセンシャルオイルの抽出方法

エッセンシャルオイルの主な抽出方法として次の3つがあります。

水蒸気蒸留法

水蒸気蒸留法

原料の植物をタンクに入れ、下から水蒸気を吹き込んで成分を気化させ、この蒸気体を管に集めて冷却します。このとき上澄みとなって浮く、エッセンシャルオイル(精油)を取り出す方法です。
また、下部の液体は精油分が溶け込んだ水でハーブウォーター(フローラルウォーター)と呼ばれています。

レモン オレンジ

圧搾法

レモンやオレンジなどの果実の果皮を圧搾して抽出する方法です。

エーテル ローズ

溶剤抽出法

エーテルなどの揮発性溶剤に花などを浸し、香りを溶剤に移してから揮発させます。これをまたアルコールで溶かし、成分を移して溶剤を蒸発させて精油だけをとり出す方法で、バラやジャスミンなどのエッセンシャルオイルを抽出するときに用いられます。

エッセンシャルオイルの選び方

アロマテラピーを楽しむ際に欠かせないのがエッセンシャルオイル。純度の高い、良質のエッセンシャルオイルを選ぶことが大切です。ハーブショップやアロマテラピー専門店をはじめ、バラエティショップや雑貨店など多くのお店で様々なエッセンシャルオイルが売られていますが、購入する際には合成でないことを確認しましょう。
それでも心配なときは、アロマテラピー専門店で購入するか、専門知識がある方にアドバイスしてもらうと良いでしょう。

さて次に大事なことは、どのエッセンシャルオイルを選んだら良いかということです。あまりにたくさんの種類があるので迷ってしまう人も多いでしょう。エッセンシャルオイルは種類によって香りも効果も様々です。
また香りの好みも人によって異なるので、たとえ一般的にはリラックスするといわれているエッセンシャルオイルでも、好きな香りでなくては逆効果となる場合もあります。エッセンシャルオイルにあまり慣れていない人は、効果にとらわれずにまずは自分で好ましいと思える香りを選びましょう。
最もポピュラーで親しみやすいものとして、ラベンダーがあげられますし、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、ベルガモットなどの柑橘系やスッとする香りのペパーミントなどは比較的好まれる香りです。詳しくはエッセンシャルオイルの分類をご覧ください。

エッセンシャルオイルの取扱い上の注意

  • エッセンシャルオイルは大変濃縮されたものですので、原液を直接お肌に使用したりしないでください。
    マッサージなど直接皮膚にふれるときは植物性のベースオイル(キャリアオイル)に必ず希釈(1%以下)して使います。
    詳しいマッサージの方法についてはアロマテラピーの楽しみ方のマッサージをご覧ください。
  • 火気に近づけないでください。
  • お子様の手の届かないところで保管してください。

エッセンシャルオイル(植物精油)と植物エキス・植物油の違い

エッセンシャルオイル(精油)

「エッセンシャルオイル」は精油とも呼ばれ、ハーブや果実・樹木などにわずかに含まれる希少な天然の芳香物質です。
浸透力にすぐれ、髪や頭皮にしっかり働きかけるとともに、その香りはアロマテラピーにも利用されます。

エッセンシャルオイル(精油)

植物エキス

「植物エキス」は植物に含まれる天然成分と、水分などから構成されているもの。精油に比べて穏やかな効果で、じっくりと働きかけてすこやかな美しさを引き出します。

植物エキス

植物油

「植物油」は果実や種子から採取される天然の油脂であり、まさに自然のめぐみといえます。傷んだ髪やトラブルがちな素肌を保護し、乾燥を防ぎながらエモリエント効果をあたえてくれます。

植物油