製品紹介

3%→15%ポイントアップキャンペーン

毛髪の基礎知識

毛髪のデータ

本数

人類的な分類による平均値

  • ブロンド : 約14万本
  • 赤髪 : 9万本
  • 茶髪 : 11万本
  • 黒髪 : 10万本

髪の含水量

  • 健康髪 : 12%±1(湿度60% 温度25℃)
  • 洗髪直後 : 30〜35%
  • 最大含水量 : 40%

太さ

  • ブロンド:最も細い
  • 黒髪:最も太い

日本人

  • 細い髪:0.05mm
  • 太い髪:0.12mm
  • 平均値:0.08mm

髪の強さと伸び

健康毛

  • 伸び率 : 40〜50%
  • 引っ張り強度 : 140g〜150g

ウエットヘア

  • 伸び率 : 60%〜70%
  • 引っ張り強度 : 90g〜100g

髪は3層構造

髪の成分はケラチンタンパク質。毛表皮(キューティクル)、毛皮質(コルテックス)、毛髄質(メデュラ)の3層で構成されています。毛表皮は、硬質のケラチンでつくられており、髪の内部を守る働きをします。

キューティクル エキソキューティクル エピキューティクル エンドキューティクル コルテックス細胞 メデュラ

毛表皮
(キューティクル)
毛表皮は無色透明のガラスのようなもので、4〜8枚が重なり合ったうろこ状をしています。
外側からエピキューティクル、エキソキューティクル、エンドキューティクルの3層から構成されています。キューティクルは5〜6枚が日本人の平均ですが、まれに髪の太さは普通なのに、キューティクルが8〜10枚の人もいます。
毛皮質
(コルテックス)
毛皮質は紡錘状の皮質細胞とランダムコイル状の間充物質からできており、髪色を決めるメラニン色素も含まれています。毛皮質細胞と毛皮質細胞の間は間充物質で埋められ、細胞同士を固定しています。毛皮質細胞は硬い繊維部分で強度を与え、間充物質は軟らかい繊維部分で弾性としなやかさ、水分保持を担っています。
毛髄質 (メデュラ) 毛髄質は、空洞となった蜂の巣状の細胞が軸方向に並んでおり、メラニン色素を含んでいます。
太い髪ほど毛髄質の量が多く、細い髪ほど少なくなり、赤ちゃんの髪(産毛)にはないといわれています。

毛髪誕生のしくみ

毛髪は皮膚の表層部である表皮が変化してできたものと考えられます。表皮の角質層がいずれ垢となって剥がれていくのに対し、毛髪は角化した細胞が繊維状につながって、どんどん毛が生えてきます。「毛が伸びる」といいますが、実は毛乳頭付近で新しい毛ができるので、以前に作ったものが上の方へ押し出されて生えてくるのです。
髪の毛は、個人差はありますが、1日約0.4mm、1ヶ月で約1.2cm、1年で約15cmくらい伸びます。つまり、例えば30cmの長さのある髪の毛先は2年前に作られた毛ということになります。

毛髪誕生のしくみ

ヘアサイクル(毛周期)

髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があり、約3〜5年で毛根の成長が止まり抜け落ちます。
その後、約2〜3ヵ月ほどで抜けた部分からまた新しい髪の毛が生えてきます。

ヘアサイクル(毛周期)

髪の毛とは

髪の毛とは

髪の毛は、爪と同じように肌の角質層が変化してできた皮膚の一部です。
主成分はタンパク質のなかでも硬く強度のある、ケラチンです。

毛髪の主成分

髪や頭皮の主成分、それは、たんぱく質(プロテイン)です。ギリシャ語が語源で、“第一”という意味です。
私たちの体にとって重要な成分になるからです。実は、このたんぱく質を構成しているものが、20種類ものアミノ酸なのです。

毛髪とアミノ酸 頭皮とアミノ酸
毛髪の約80%はアミノ酸由来のたんぱく質で構成されています。そのほかは水分・脂質・メラニン等です。 肌の潤いを保つNMF(天然保湿因子)。
一番多く含まれているのは、アミノ酸。もっともナチュラルな保湿剤なのです。
毛髪とアミノ酸
頭皮とアミノ酸

毛髪の成長に必要な成分

毛髪の成長サイクルを正常に保つ役割を果たすのが、酵素(アミノ酸が集まったたんぱく質)です。
そして、この酵素の働きを活性化させるのがビタミンとミネラルです。ビタミン・ミネラルがなければ、酵素は本来の働きを行うことができず、代謝はストップしてしまいます。ラテン語の「VITA=生命」を語源とするビタミン、すべての生命の起源が求められる海に豊かに含まれるミネラル、ともに欠かせない成分です。
傷んだ毛髪は、たんぱく質の多くが流出し、水分や油分の保持能力が著しく低下した状態です。
カラーやパーマを安心して楽しめる健康な髪を育んだり、いつまでも若々しい髪を保つために、アミノ酸とビタミンとミネラルの絶妙なバランスを保持することが大切です。

シリコンの知識